貧血予防

しじみに含まれるビタミンB12の働き

しじみは食べるのにはとても小さな貝ですが、そこには健康の源ともいえる成分がぎっしると詰まっています。
ビタミンB12も、しじみに多く含まれている栄養素のひとつです。
ビタミンB12の効果のひとつが優れた貧血予防効果です。
もともとしじみには鉄分も多く含まれており、鉄分が不足する貧血を予防する効果が期待できます。

更に、このビタミンB12の働きにより、赤血球を造りだします。
赤血球はビタミンB12と葉酸により造りだされ、その葉酸もしじみの成分には含まれています。
尚、葉酸が多く含まれている食品は枝豆やパセリなどですので、そういった食品も献立を考える際に取り入れてみると良いかも知れません。

また、ビタミンB12は脳の疲れに対しての効果や、集中力を向上させる効果、精神を安定させる効果もあります。
しじみは小さな貝で一日に大量摂取は難しいですが、定期的にお味噌汁などで献立に加える点では、比較的取り入れやすい食材です。
ビタミンB12は一般的にあまり不足の心配はないといわれています。
ただし、ビタミンB12は動物性の食品に含まれている点を踏まえ、食生活の中で動物性の食品の摂取があまりない場合はビタミンB12の摂取について配慮した方が良いでしょう。