貧血予防

しじみと肝臓の解毒作用

お酒を飲んだ後はしじみ汁が良い、と言われますが、それはどういうことでしょうか。
お酒を飲むと、お酒は胃や腸を経由して分解され、肝臓に送り届けられます。
胃や腸を経由してきたお酒を肝臓は、体内に入ったものを負担なく吸収できるように分解します。
肝臓はアルコールだけではなく、食品に含まれている体に良くないとされる成分や、体に害を及ぼす菌なども分解します。

つまり、胃や腸を経由してきた成分を安全な状態にして送り出すための重要な器官が肝臓です。
その肝臓の働きをサポートするアミノ酸の一つがオルニチンです。
オルニチンが多く含まれている食品の代表格と言えるのがしじみです。

オルニチンは他にもヒラメやチーズなどの食品にも含まれ、しじみでなければいけないというわけではありませんが、含まれている量はしじみが上回ります。
ただし、しじみは小さいので、しじみでのオルニチン摂取には、お味噌汁などでまとまった数を摂ることが望ましいです。
しじみなどに含まれるオルニチンは肝臓をサポートするということから、お酒を多く飲む時にはしじみを摂った方が良い、という考え方も浸透していますが、肝臓や体への負担にも考慮し、できればお酒は無理のない範囲での楽しみ方をするのが理想的です。
お酒を飲む機会がある方は、是非オルニチンたっぷりのしじみ汁http://marketingkariyer.com/itiniti.htmlを飲んで肝臓の負担を和らげてあげましょう。
また、普段からオルニチンのサプリメントhttp://www.ortsolutions.org/miryoku.htmlを摂ることも良いですね。