貧血予防

しじみで疲労を予防

しじみは食品の中ではとても小さな貝ですし、食べ方としてはお味噌汁が一般的でレパートリーもやや広げにくい面もあります。
しかし、そんなしじみには、たくさんの栄養が含まれており、健康維持では大きな役割を果たしています。
しじみには、オルニチンhttp://www.tvbreak.jp/sinnkinntaisya.htmlというアミノ酸の一種が含まれています。

このオルニチンは、肝臓の働きを助けます
肝臓は体内にあるアンモニアを尿素にする役割を果たしています。
しかし、肝臓の働きが弱まるとアンモニアが尿素に分解される能力が低下します。
分解されないアンモニアが血液で運ばれ、疲労感や代謝の低下、体臭などの原因になります。

このアンモニアを分解する作業で欠かせないのがオルニチンです。
もちろん、疲労の原因にはケースによりさまざまな要素があり、その解決方法も違います。
しかし、日頃から肝臓に負担をかけないように心がけることや、肝臓の働きに欠かせないオルニチンを含むしじみを摂取することで、疲労のひとつとなる可能性のある要因を予防できます。

また、体を元気にする元であるATPは、体内にアンモニアが増えていると作られる量が減ります。
アンモニアが尿素になる量が減ることで、ATPの作られる量も減るという悪循環に陥ることを予防するためにも、肝臓の健康にも配慮しましょう。
そうした配慮が疲労の予防にもつながります。
他にもしじみは嬉しいはたらきがたくさんあります。
一例がhttp://sw.sb-selection.jp/sanngo.htmlにありますが、出産を終えたばかりの方の栄養バランスもしじみでサポートできるようです。