貧血予防

しじみとオルニチンの摂取目安量

オルニチンの一日の摂取目安量は、およそ400㎎から1000㎎とされています。
オルニチンは肝臓の働きを助ける重要な役割を果たしています。
オルニチンを多く含む食品の代表格としてしじみが挙げられます。
その他オルニチンが摂れる食品はhttp://www.revolutionaryconcepts.net/syokuhinn.htmlに載っている通りです。

しかし、しじみから一日の摂取目安量のオルニチンを全て摂るのは、しじみひとつひとつが小さいことから、実際には難しい面があります。
しじみは冷凍した状態での調理で摂取することで、多く摂取できるという特徴がありますので、それを用いての摂取や、他の食品やサプリメントの使用などの方法が挙げられます。
また、しじみをオルニチンの摂取目安量に合わせて摂取する場合には、しじみの栄養分が豊富であることから、鉄分やカルシウムなどの栄養素を摂り過ぎる可能性があります。

http://www.santuariodejavier.org/tyuuitenn.htmlにも書いてあるように、オルニチンは一度にたくさんの量を摂取すると過剰摂取になり、逆に体調を崩す可能性もあります。
オルニチンは、適量を定期的に摂取するのが理想的です。
オルニチンを多く含む食品はしじみの他に、キハダマグロやチーズ・パンなどがあります。

しじみが苦手だという場合には、そうした他の食品からも摂取できます。
オルニチンの摂取目安量とオルニチンの含まれている食品を知っておくことで、不足や過剰摂取を防ぎ、健康維持につながっていくのではないでしょうか。