貧血予防

しじみを冷凍して活用

しじみには、肝臓の働きに欠かせないオルニチンが多く含まれています。
しかし、しじみは生の状態での長期保存は難しい食材です。
そうした場合に適しているのがしじみの冷凍保存です。

基本的には食材は冷凍保存すると質が落ちる場合や、味が落ちる場合が多いのですが、しじみの場合は違うようです。
しじみを冷凍保存すると、含まれるオルニチンが増えるため、たくさんのオルニチンを小さなしじみから摂取することが可能になります。

しじみの冷凍方法は、砂抜きをして冷凍するだけです。
この時、理想的なのが急速冷凍よりも、ゆっくりと冷凍する方がオルニチンの量が増えやすい、ということです。
また、しじみはひとつひとつが小さく、お味噌汁などにする場合には、そんなにたくさんの量を一度に消費しない、という場合には小分けにして冷凍するのも便利です。
尚、冷凍保存の際には保存期間を把握しておきましょう。

自宅で冷凍させるのが面倒という場合には、初めから冷凍してあるしじみも宅配などで扱っていますので、探してみると良いのではないでしょうか。
しじみは調理の際には冷凍したままの状態で使用します。
多くの場合が冷凍のしじみでの調理が可能ですが、調理法において凍ったままの使用の他、半解凍での使用などもありますので、調理方法に合った状態で使いましょう。