貧血予防

しじみと胆汁

胆汁は、肝臓で作られます。
胆汁は肝臓で作られた後に胆のうに集まり、体内に入った食物が胃から十二指腸へ進んでくる時に、胆汁は胆のうから十二指腸へ向かいます。
胆汁は消化や吸収、そして排泄に至るまでの一連の経緯において欠かせない存在です。
胆汁を作りだす働きは、肝臓の働きの中でも重要です。

肝臓の健康を保つことにより、胆汁が作られ、滞りなく消化や吸収、排泄に至る役割が行われるのです。
肝臓を健康に保つためには、その源となる栄養素が必要です。

しじみには、肝臓の健康を維持する栄養素が豊富に含まれています。
しじみに含まれるタウリンhttp://www.planetpdamag.com/taurinn.htmlは、肝臓に良いとさえる代表格です。
その他にもメチオニンや鉄分、たんぱく質、ビタミンB12など、肝臓の健康維持、向上が期待できる成分が多く含まれています。

健康について常に、というのは難しいかも知れませんが、体の働きやその健康維持や向上について知っておくことで、体に配慮できることも多くあるのではないでしょうか。
肝臓の健康維持には、しじみなどの肝臓に良い食品摂取はもちろんですが、他にもバランスの良い食生活やお酒の飲み方に注意することや、適度な運動なども大切です。
肝臓の健康維持に努めることで、体全体の健康への配慮にもつながっていくと良いのではないでしょうか。